ユネスコ協同学校プロジェクトネットワーク
Associated School Project Network(ASPnet)

        戻る

ユネスコ協同学校プロジェクトは、ユネスコが進めている理念を学校現場で実践、比較研究し、その調整をはかる目的で1953年に発足しました。就学前教育から教員養成大学までの学校が参加して、地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発を目指して、他の学校と生徒間・教師間で交流を行っています。

学習テーマ
ユネスコ協同学校では、以下の4分野を基本としたテーマに関する活動を各国が協力して行っています。また、世界遺産などのテーマのフラッグシップ・プロジェクトもあります。
(1)世界的な問題と国連システム
貧困、飢餓、失業、識字、文化理解、性差、人口問題等の世界的な問題からテーマを選び、自分の地域や国、国際的などの側面から、調査を行う。
(2)人権
「世界人権宣言」「児童の権利に関する条約」等を出発点として、学生の自らの経験のなかから、他者の権利だけでなく義務や責任について意識を広げさせる。
(3)多文化理解
他国の学生、関連諸機関等と連携を取りながら、異なる習慣、伝統、価値観に対する理解を促進する。
(4)環境
自分たちが住む地域が直面している環境問題を検討し解決の手段を考えるとともに、科学が人類の将来に果たす役割を考える。