人類の進化
つぎに、細胞核やミトコンドリアのもつDNAというものは、
時間とともに情報が少しずつ変化していくことがしられている。
そしてその変化の速度がちょうど時間と対応しているようだ。

そのことから、たとえばヒトとチンパンジーのミトコンドリアDNAの違いを調べると、
ヒトとチンパンジーがいつ同じ生物から分かれていったのかということがわかる。
その研究の結果、およそ上の図のようなことが推定されている。

ミトコンドリア・イブ

同じ様なMtDNAの比較を様々な人種の現代人でおこなった研究もある。
現代人のMtDNAを比較、変化の度合いを調べていくと、先程述べたMtDNA
は母親からのみ伝わるということもあり、全ての人種の先祖、
全ての人種のMtDNAは約20万年前のアフリカのたったひとりの女性に
由来するということになった。この女性はアダムとイブの伝説にちなんで、
「ミトコンドリア・イブ」(上)とよばれている。やがて彼女の子孫がアフリカをでて、
世界中へと広がっていったというのだ。

この説に対立している学説もいくつかあるが、
いまでは古い人骨からミトコンドリアDNAを取り出す技術なども確立してきており、
たとえばあのネアンデルタール人などの化石人類のミトコンドリアDNAも抽出されている。
今までの化石による研究からだけでなく、DNAの比較などの新しい方法も
組み合わせ、人類の誕生から、その辿ってきた道が無理なく説明できる日が来るのではないか。