総合学習 

『新世紀に向けて』−20世紀から21世紀へ

 

目 次

項目 更新
生徒オリエンテーション用レジュメより  
はじめに 2001.07.05
総合学習日程計画表 2001.07.05
総合学習発表会  
12組プログラム 2001.07.05
34組プログラム 2001.07.05

総合学習発表会プログラムのページから生徒研究レポートを見ることができます。

 


 

生徒オリエンテーション用レジュメより

 

はじめに

 今回,総合学習のテーマとして『新世紀に向けて』を取り上げます。これは世紀の変わり目を迎え今世紀を様々な視点で捉えることを通して,来る21世紀を展望しようとするものです。
 この100年日本は近代国家をめざして工業化を進め,戦後50年経済的には豊かな国家になりました。しかし,大量生産,大量消費の20世紀型工業社会がもたらした矛盾は,今日環境問題をはじめとして,少子高齢化問題にまで及んできています。また,世界では,今なお民族・宗教問題による紛争は絶えません。さらに,増大する人口はエネルギ―・資源・食料不足をもたらすでしょうし,さらなる南北間格差や環境問題など今世紀のかかえる課題は,けっして一国だけにとどまらず世界各国相互に関連し合う地球規模のものと言えます。そして,東側諸国が西側資本主義システムに収斂される中,特にインターネットを中心としたIT(情報技術)革命による経済のグローバル化は一層の拍車がかかっています。 さて,このような中,皆さんは21世紀を生きて行きます。21世紀は,情報技術革命の時代,生命科学の時代,そしてグローバル化の時代などと言われますが,この21世紀をどのようにイメージしデザインすればよいのでしょうか。皆さんには,基礎的な普段の学習も大切ですが,一度このような大きなテーマについて考える機会を持つことを通して,自らの進路や職業そして人生を展望してもらいたいのです。 先生方はそれぞれの専門性や関心を基に,20世紀についての政治経済,歴史,文化,芸術,科学など以下にあげたテーマで語ってくださいます。この学習には,皆さんの意欲と関心に基づいた主体的活動が求められます。今世紀最後の年に,世紀を越えたテーマに共に取り組みましょう。

テーマ: 『新世紀に向けて』――20世紀から21世紀へ

期 間: 隔週土曜日(通年)

授業者: 奥村・梶木・佐々木(地歴),治部(保健体育),中井(理科),

      松山(数学),中野・宮川(国語),山田(英語)                                           

 

2000年総合学習日程計画表

 

授業月日 授業内容
4月15日 オリエンテーション(趣旨、スケジュール、評価、国際教育で
の位置付けなど)  (2クラス合併)全担当者で
5月 6日 梶木(20世紀の日本を考える)  各コースの概説
佐々木(地域紛争から世界を考える)
奥村(個と国と国際と)
5月20日 治部(地球環境と人間)
松山(20世紀の企業と仕事―21世紀の起業家をめざして)
5月27日 中井(生命科学の21世紀)
山田(英語を使って日本について,留学生や人々に発信する)
6月17日 中野(インタビュー・21世紀の仕事へ)
宮川(20世紀の映画)  
コース希望調査(第5希望まで)
7月 1日 この日から,コース別に学習活動
7月15日 コース別学習(夏休み向けの課題提示)
9月 2日 コース別学習
9月16日 コース別学習
10 10月7日 コース別学習
11 10月21日 コース別学習
12 11月4日 コース別学習
13 11月18日 中間報告(この当たりで)
14 12月2日 中間報告(この当たりで)
15 1月15日(月) 発表準備
16 2月 3日 発表会リハーサル
17 2月19日(月) 発表会(1−5限:テーマについて,発表する。2クラス合同)
    評価と感想文(6限)
18 3月 3日 まとめ

 


総合学習発表会 12組プログラム 34組プログラム