答えはB(86%輸入)

消費の移り変わりは・・・

そしてアジアが特に多い

かつてはバナナと同じように、日本人にとっては高嶺の花だったエビ。 それが輸入の急増によって完全に大衆食品化した。海外からの輸入が始ま るまでほとんどが国産の芝エビ、トラエビ、赤エビ、サルエビなど小型の エビが食べられたが現在では、エビ市場の4割はタイやマレーシアなどか ら輸入されるブラックタイガー占めるようになった。