エビの眼を切る

エビの研究者の話
「1983年に親えびの間眼柄を切断することによって産卵を促す方法がタヒチのフランス系会社で開発されました。エビの眼は産卵を抑制するホルモンを出すので、これを切り落とせば抱卵するです。」

正常な産卵後、稚エビの需要が高まったとき片目を切って一回産卵させて、次に残る1つを切って産卵させる。 ただし、正常な産卵では20〜40万個(大きいエビだと60から100万個)の卵を生むのに対して、眼を切って産卵させた時はその半分しか産まないそうだ。