ケーキ屋を営む店長への Q&A

(●:インタビュァ−;池上)
2−4 2班(池上 、今井、今西、小栗,門田、北原)



私達がインタビューを行った職人さんは、フランス菓子"Alice"を営む店長さんです。彼がインタビューに答えてくれると言うことでケーキ職人にインタビューを試みました。


● どうしてケーキを作るようになったんですか?

(店長)
それは単にケーキが好きだったからだよ。ケーキ作りは調理師学校で憶えたんだ。そこの紹介で今の店に来たんだ

●一日のスケジュール教えてください。

(店長)
8:00に起床して、8:30に出勤さ。店では生クリームを使った最後の仕上げをするんだよ 。昼からは、明日の準備に取り掛かるんだ。

●それじゃあ、何かこだわりとかありますか? ほら、材料の仕入れとか。

(店長)
特にないよ。でも、衛生にはとても注意しているんだ。それに、古いものは出さないし、もちろんおいしくないものも出さないよ。なんたってお客様相手のしごとだからね。材料の仕入れなんかはケーキ専門の問屋さんと果物屋さんからしいれているよ。だから品質は安心さ。

●でも、果物なんかは年中仕入れるの、苦労しないの?

(店長)
なるほどね。でもそれは問屋さんが苦労するんだな。何でも、季節の変わり目には果物がなくなりやすいんだそうで、外国から仕入れるそうだよ。

●店長さんにとって面白い仕事って何なんですか?嫌いな仕事ってあります?

(店長)
んー・・・。やっぱり、ケーキ作りだな。でもさ、面白い仕事っていうのは、時には辛いものにもなるんだ。特にお客さん相手の仕事ではね。例えば、お客さんがあれこれ注文してくるケーキを作るときなんかは神経使っちゃうよ。嫌いな仕事って言えば、経理に関する仕事かな。やっぱ。

●ところで、高校生クッキング選手権や、TVチャンピオン出たことありますか?

(店長) 
ないよ。私が高校生のころはそのようなものはなかったし、今では地域のケーキ屋さんとして頑張っているので出たいとは思わないな。自信もないしね。

● 今日はインタビューに答えていたき本当にありがとうございました。 



<インタビューを終えて>