2006/07 ACCU 国際教育交流事業   
韓国教職員招聘プログラム
『文部科学省、韓国ユネスコ国内委員会、韓国教育人的資源部の協力のもと、ACCUは国際教育交流事業「韓国教職員招へいプログラム」を、1月23日から2月5日まで実施しました。今回で7回目となる同プログラムでは、招へい人数を従来の100名から160名へと増やし、韓国各地から小、中、高校の教員、校長、教育委員会指導主事など教育関係者が参加しました。東京、大阪での全体プログラムのほか、5グループ(北海道、兵庫県宝塚市、埼玉県さいたま市、奈良県、鹿児島県)に分かれ、各地の教育委員会の協力のもと、学校での教職員、児童生徒との交流やホームビジットを通じて、相互理解を深めました。』
ACCUのHPより引用】

本校は1月31日にサムエル・リー氏と32名の韓国の先生方を迎え交流をはかりました。

1月31日の様子
●11:45 Arrivial at Ikeda Senior High School Attached to Osaka Kyoiku University
11:50 Welcome Ceremony
●12:10 Lunch Time
●12:40 Presentation by Our Students 
            (Members of Visit group for Korea and UNESCO Club
 
●13:15 School Tour 
    
Physics Mathematics Judo
13:30 Arrival of Dr.Samuel Lee        
Joins school tour  Library Modern Japanese
●14:40 Exchange Program 
      (Demonstration of Origami and Kimchi by Korean teachers) 
15:30 Departure

(速報のページに戻る)